So-net無料ブログ作成
検索選択
いただきもの ブログトップ
前の10件 | -

胡麻のエキストラヴァージン [いただきもの]

チリ産のオリーブオイルを戴いた先生から
ふたたび「栄養つけて」と戴いた胡麻油。

aceitesemilla1.jpg

先生宅ではもっぱらオリーブオイルと同じように
サラダなどに使われているとか。

関根の胡麻油といえば実はお隣春日部で
享保の時代から作られているご当地の名産品。

一番搾りの胡麻油はまさにエクトラヴァージンオイル。
スプーンで口に入れてみれば
「あぁ、身体にいい!」と思わず口にしてしまうほど
なめらかで、あっさり、雑味がない。

胡麻油は身体の酸化をおさえ、肝機能を高め、
食物繊維・アミノ酸カルシウム・鉄分・たんぱく質
多く含んでいるとなれば、
酒飲み、高血圧の骨折オジサンにとっては
願ってもない食品だろう。

先生、またまたごちそうになります。
多謝。
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

即席袋麺 DE 鹿児島 [いただきもの]

1979年の夏のことだった。
一週間ほどグラナダに滞在した日本人ギタリストの
ご家族から即席ラーメンをごちそうになった。
「サッポロ一番の塩と味噌、どっちにする?」と聞かれ
すぐに答えが出ないほど興奮した憶えがある。

今はたまにしか口にしなくなった即席ラーメン、
ひょんなことからこのラーメンをいただいた。
初めて見る袋。

kagosimara1-.jpeg

へぇー、と思って裏を見ると田舎のご近所の住所が書いてあり
「あの辺で作られたものなんだぁ」と理由のない感慨に少し耽る。

2ongold2.jpg

各地方に地元即席めんがある話は聞いていたが
あの辺りにもあるとは驚きだった。

早速茹でてみたが、当然ながら1979年の感動は味わえなかった。

ごちそうさまでした。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チリ産のオリーブオイル [いただきもの]

骨折後の身体を心配してくれて、学生時代の先生からの
プレゼント
「六ヶ所の穴が早く埋まるように、栄養つけて!」と嬉しい言葉。

aceite.jpg

戴いたのはチリ産のオーガニックオリーブ油と
レモンオリーブ油のセット

aceiteoliva.jpg

最近は積極的にサラダを摂っているのでとてもありがたい。

イタリアスペイン産のオリーブ油をメインに使っていたが、
チリ産のこのオイルは癖になるほど野菜の味を変えてしまう。

ごちそうさまです!
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旨い味噌 [いただきもの]

我が家の<味噌・醤油>は、日光・今市の<上澤梅太郎商店>と
決めている。
先月醤油が切れたので、注文した時に同梱してくれた
新製品がその名もずばり<日光味噌 梅太郎>。

umetaromiso 001.jpg

ウェブショップに商品紹介が載ってから記事にしようと思っていたが、
メルマガでもすでにアナウンスがあったので、紹介したい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二つの九州ラーメン [いただきもの]

東武デパートの<鹿児島物産展>で家人が買って来た
<鹿児島ラーメン>を堪能していたところ・・・
恵比寿・シャコンヌの閉店に大勢の常連さんが駆けつけてくれ、
その中のお一人から九州ラーメンを頂戴した。

九州出身のギタリストの<I>さん曰く・・・
「九州に帰った時はよくトンコツを食べるけど、
東京で食べるトンコツより、こっちの方が美味しい」とのこと。

tonnkotukumaイメージ 3.jpg

<火の国 熊本 とんこつラーメン>
濃厚なスープにやや太いストレート麺、やはり戴いた<高菜>に
紅しょうがを加え、麺を手繰ると確かに<お店の味>。
鹿児島とんこつより美味しい!

tonnkoturonnryuイメージ 1.jpg

もう一つは、極細ストレートの<ロン龍 九州ラーメン>
茹で時間<3分>のところを<1分30秒>のバリカタで・・・
思わず昭和47年、渋谷・宮益坂にあった<きんしゃい麺>で
初めて食べた時を思い出さずにいられなかった。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

完熟辛口 さち  [いただきもの]

いままであまり飲む習慣のなかった、日本酒
正月はやはり燗酒・・・このところの寒い日にはやはり
日本酒がいい・・・と思っていたところ、
友人のギタリスト・Tさんから<金沢・福光屋>の
<純米・完熟辛口 さち 2005>を戴いた。

dominiquebouchet 001.jpg

ワインのような、なんともお洒落なボトル。
寝かして写真を撮ったところ、こんな空気の形が現れた。
何に見えるでしょう?

dominiquebouchet 003.jpg

しかし、このお酒を買ってきてくれた理由は?と言うと・・・

dominiquebouchet 004.jpg

このSAKEをセレクトしたフレンチ・シェフの名前にあった。
彼の名は・・・DOMINIQUE BOUCHET・・・ドミニク・ブーシェ。

クラシックギターに無縁の人には、なんのことやら・・・???
ギター関係の人は、思わず<ニヤリ>とする名前。

説明は敢えて控えておきましょう。




nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2009年元日 [いただきもの]

いつも立ち寄ってくださる皆様

新年明けましておめでとうございます

<工房だより>なのに食い物ネタが多すぎる!とのお叱りを
受け止め(?)仕事ネタにシフトしたいのですが・・・なかなかどうも・・・

今後とも気楽にお付き合い下さい。

bousaisyougatu.jpg

子どもの友人が設えた<黒松>にペーパークラフトで作った
竹と梅、飾りのバランスの悪さで、せっかくの黒松が台無しになりました。




nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

辛味大根でいただく目の湯蕎麦 [いただきもの]

信州からまたまた美味しいいただきもの。

23112008soba2 001.jpg

日頃お世話になっている<Oさん>から、<目の湯蕎麦><安曇野産林檎>
山形村特産長芋>などを頂戴した。

早速、腰が強く、香り豊かな蕎麦を昼食に茹で上げる。

23112008soba 3005.jpg

今回オススメの<辛味大根>で・・・

23112008sobakarami 004.jpg

見ただけで辛そうな大根。<激辛>の注意書きもある。
まず、このおろし汁だけで蕎麦を手繰る。

なんと言う爽やかさ!口中に蕎麦の甘みと大根の辛さが
広がる。この大根、首の後ろと鼻の頭の毛穴を広げる。
唐辛子とは違う辛味の成分なのだろうなぁ・・・
と、暢気に思いながら味わった。

ごちそうさまでした。
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目の湯蕎麦倶楽部のお蕎麦 [いただきもの]

onimaruブログを読んでくださっている、長野県在住の
Oさんから<信州蕎麦セット>と<葡萄>を頂いた。

Oさんのお知り合いで、創業230年の温泉旅館のご主人が
<丸抜き粉=蕎麦の実の外側を残して製粉したもの>を
温泉の源泉で捏ねた蕎麦は、驚くほど香りが豊か。

sinnsyu-soba.jpg

ご主人は<高橋名人>のお弟子さんの一人だそうで、もともとは
宿泊客用に出されていたものを、お仲間の熱意により
<目の湯蕎麦倶楽部>を結成され、頒けてくださるようになったそうです。

wasabi.jpg

同梱されていた本ワサビを摩り下ろし、やはり同梱のストレートつゆでいただきました。

sinnsyu-soba1.jpg

やや甘めのつゆに本ワサビがよく合います。
そして、そば湯の甘いこと!浄水で茹で上げた甲斐がありました。

デザートにはこれまたOさんが同梱してくれた<葡萄>で信州の味覚を
たっぷり楽しみました。

huvasjpg.jpg

Oさん、ごちそうさまでした。
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Rakkio, saveur de vin authentique. [いただきもの]

<魚登久さん>での食後、今市の町を散策する。
上澤さんのお店で少しの買い物をして、ご主人と奥様がいらしたので
ご長男の卒業と、ご次男の入学お祝いをひと言伝え挨拶をする。
店を出て信号を渡ったところで、清閑さんに呼び止められ
「うちの新製品です」と手渡しで戴いたものが、rubis d'or と名づけられた
驚きの新製品だった。

200804271838000.jpg

ビンのラベルには№065/2008のシリアルナンバーが書き込まれている。
蓋を開けた瞬間、その香りと色に、思わず感嘆の声が漏れる。

200804271839000.jpg

ルビー色に染まった<らっきょうワイン漬け>いや、やはり<Rakkio, saveur de vin authentique>と
呼ぶに相応しい存在感がある。

一粒口に入れると、カルダモンのような芳香が鼻に抜け、続いてトリュフチョコのような
赤ワインの濃厚さを感じた。噛みしめると清冽ならっきょうの味わい。飲み込んでしまうには
少しもったいないほど、ワインの味を楽しむ。

同梱の小冊子には、この製品の発想・開発・発売に至る全てが事細かに綴られている。
食に飽くなき好奇心を抱き続ける、清閑さんの<プロジェクト X>に敬服する。

ワイン好きの人への、最高のプレゼントをひとつ見つけた思いだ。

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - いただきもの ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。