So-net無料ブログ作成
検索選択

カワカミヒロミさんの本 [読書や本]

同じ著者の文庫本を続けて読む習慣(?)がある。
今までおもに男性作家を集中して読んできた。
伊坂幸太郎、重松清、浅田次郎、佐々木譲・・・etc.

珍しく初めて手にした川上弘美の文庫本が
『どこから行っても遠い町』(新潮文庫)だった。
題に惹かれて買ってみたところ☆☆☆☆。

次に選んだのが『センセイの鞄』(新潮文庫)
これも☆☆☆☆。

続けて読もう、と決めて読み進めた結果を以下に・・・

『ざらざら』(新潮文庫)☆☆。
『古道具中野商店』(新潮文庫)☆☆☆☆。
『夜の公園』(中公文庫)☆☆。
『風花』(集英社文庫)☆☆。
『真鶴』(文春文庫)☆☆。

あぁ、この辺で芥川賞を取った『蛇を踏む』でも読んで
打ち止めにしようか・・・と悩みつつ
小説ではないものと書評集。

『大好きな本』(文春文庫)☆☆☆☆。
『ハヅキさんのこと』(講談社文庫)☆☆☆☆☆。

と盛り返し

『此処彼処』(新潮文庫)☆☆☆。

そして

『蛇を踏む』(文春文庫)☆☆。
『神様』(中央公論新社)☆。

本との出会いは不思議なものだ。

もし『蛇を踏む』を一番最初に選んでいたら
たぶんこの作家を続けては読まなかった。
だが、他のものを読んでいなくては
『蛇を踏む』のよさはきっと解らなかっただろう。

好きな作品、そうでもない作品があってこそ
好きな作家が出来上がるのだろう。



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。